恋愛は女の子を変身させる

私は生まれて初めて、少し気になる異性にメールを送りました。
気になると言っても、まだ顔も知りませんしどんな人なのか詳しくは分かりません。
それに出会い系で見つけた人ですから、本当にその人が普通の人なのかさえもわからないのです。

しかし、私は心が一杯で何も考えられないくらいドキドキしていました。
漫画の中のキャラクターが現実にいたらどうだろうという妄想は子供の頃によくやっていましたが、今回のドキドキ感は当時のものを遥かに超えるレベルで、「現実の恋ってこんなにも苦しくてわくわくするものなんだな」と身を以て実感したのを覚えています。
他にも数人、気になる人はチェックしてあるのですが、まず最初にメールを送った人の反応を見るまでは他の人に返信するどころではなかったので、その日は1通の返信メールを送って終わりにしました。

私はものすごくわくわくしていましたし、早く次の日にならないものかと強く思っていました。
こんなにも毎日をハッピーな気持ちで過ごせたことは今までの人生でも無かったのではないかと思います。
それだけ恋というのは女の子に影響を与える物なのだ、と今になっても強く感じています。

本当に、恋って凄いですよね。
恋は女の子を変えるんです。
何しろ、自分では何もできなかったこの私が、可愛くなりたい、異性と繋がりたい、と思うようになったのですから。

そのおかげで、私は今までに無いくらいキラキラ輝く毎日を送っているように感じる事ができました。

出会い系を始めてからというもの、私は変わりました。
まだそれほど時間はたっていませんが、自分の中では一気に成長したような錯覚が起こっています。

今までピンク色なんて自分には似合わないと思っていたけれど、恋に効くらしいということで洋服に取り入れてみることにしました。
はやっているというネイルも独学ですがやってみました。
色はもちろんピンク色で、ラメやドットをあしらったガーリーな模様にしてみました。

それに合わせて持ち物も女の子らしいものを選ぶようになり、ローズの香りの香水を奮発して買いました。
自分がどんどん女の子になっていくのが驚くほど実感でき、同時に楽しくて仕方がありませんでした。

今まで地味でおしゃれに関心の無かった私を思い返してみると、なんでもっと早く目覚めなかったのだろうと後悔すらしてしまいます。
やはり「若いうちは可愛くして、どんどん恋をして、人生を楽しまなくっちゃ」というのが32歳の今の私の感想です。

ですから、まだ20代の若者たちは思いっきり人生を楽しんで良いと思います。
こんな私が言うのも何ですが、人生は楽しまなきゃ損ですよ。自分に自信が無いだとか、私は地味だとか、不細工だとか、そんなことを言うのは勝手です。
しかし、そういったマイナスな事を言うのも、毎日をハッピーに過ごすのも結局は自分の考え次第なのですよ。

そう考えれば、自分の人生をもっともっと楽しみたくなってきませんか。
自分自身は変えられる、自信を持ってそう言うことができます。
なぜなら、私は自分の身を以てこの事実を体験したのですから。
【PR】完全無料出会い系サイト